タイヤ通販激安ガイド - 車検を安くすませたい方必見 !-

タイヤ溝の測定方法とは?|タイヤ通販激安ガイド

タイヤ溝の測定方法とは?

タイヤ溝の測定方法としては、接地する溝の深さがどの部分でも
1.6mm以上でなければいけません。

 

溝の深さが一部でも1.6mm以下と測定された場合は、
整備不良となり、車検の際にも不可となります。

 

タイヤの溝が1.6mm以下の場合は、
タイヤ交換の目安であるスリップサインも表示されているはずです。

 

スリップサインが表示されているにも関わらず、
タイヤにお金をかけるのを嫌がり、
なかなか交換せずに粘る方も多いですが危険ですので、
早めにタイヤを交換することをおすすめします。

 

店舗でタイヤを買おうとすると高いですが、
インターネットショップで、通販でタイヤを購入することで、
タイヤ交換費用をだいぶ抑えることができます。

 

タイヤの種類も豊富ですので、
店舗一番安いタイヤを買う金額の半額で、
タイヤを購入することもできますよ。

 

激安タイヤを探している方はこちらでも情報をまとめたので参考にしてください。

 

>>どこよりもタイヤを安く買う方法とは?


ホーム サイトマップ
HOME 車検のタイヤ関連一覧 ユーザー車検関連記事一覧 タイヤ関連記事一覧 海外激安タイヤ関連