タイヤ通販激安ガイド - 車検を安くすませたい方必見 !-

タイヤ関連記事一覧|タイヤ通販激安ガイド

タイヤ関連記事一覧

タイヤを安く交換するには?

タイヤを安く交換するために重要なことが、タイヤ自体を安く買うことがとにかく重要ですよね。タイヤを安く買おうと、カー用品店で一生懸命に探していませんか?管理人もタイヤを買おうと、カー用品店を探しまわりましたが、車種専用サイズのタイヤが少なく、どの店にも2種類しかありませんでした。種類の少なさから二択に...

≫続きを読む

 

オートウェイでタイヤを激安通販して交換しました

近所のカー用品店で売っているタイヤの価格が高すぎたため、国産の激安タイヤを探して、インターネットでショップを検索してみました。片っぱしから安いショップを探している中で、価格の安さが特に際立っていたのが、タイヤ専門のネットショップ・オートウェイループでした。そもそもタイヤをインターネットで探した理由は...

≫続きを読む

 

タイヤ交換の持ち込み工賃はいくら?

自分でタイヤを購入し、お店へタイヤ交換で持ち込むと、いくら工賃がかかるのか不安で、近所にあるカー用品店全てに電話して聞いてみました。その結果ですが……どのお店(量販店)へ電話しても、『タイヤ交換の持ち込み工賃(17インチの場合)1本3000円』ちなみに軽自動車の場合は一本1000円でした。このタイヤ...

≫続きを読む

 

タイヤ交換の相場っていくらぐらい?

タイヤ交換する時の工賃ってどこのお店が安いのか?これからタイヤ交換を控えている方は、気になっている方も多いのではないでしょうか?タイヤを交換する時の工賃ですが、タイヤのインチサイズによって変わってきます。例えば、17インチのサイズの車の場合、タイヤの交換工賃が1本3000円が相場ですが、軽自動車クラ...

≫続きを読む

 

タイヤの溝がないと車検に通らない!

車検では、タイヤの溝が最低1.6mm以上である必要があります。それを下回るほとタイヤの溝が減ってしまっている場合、車検に通らない可能性が大です。溝が1.6mmギリギリあったとしても、やはり交換時期ですので、そのまま乗り続けていると、スリップの危険性もありますので、なるべく早めに交換することをおすすめ...

≫続きを読む

 

タイヤ交換を安くするためには?

タイヤ交換を安くするためには、まず『店舗でタイヤを買わないこと』ですね。カー用用品店は、チラシや、その場での値下げなどで、お得感を出してきますが、インターネットでタイヤ専門ショップで、タイヤの価格をチェックしてみてください。あれ?と思うような金額のタイヤがたくさん見つかるはずです。インターネット通販...

≫続きを読む

 

安いタイヤ交換の仕方を実践してみました

安いタイヤ交換の仕方を実践してみました!カー用品店で、タイヤを交換するのと違って、かなり金額的には安くなりますね。その安いタイヤ交換の仕方ですが……、単純にネット通販でタイヤを買った方が安いんです。タイヤのメーカーも国産メーカーなんですけど、なんで、ネットのタイヤ専門ショップと、店舗でタイヤを買うの...

≫続きを読む

 

タイヤ交換の持ち込みのお店は?

買ったタイヤをどこに持っていけば、タイヤを取り付けて貰えるのか?タイヤを通販で買おうとしている方は、不安かもしれませんね。タイヤ交換の持ち込みは、カー用品店やディーラーでも、引き受けてくれるので、特別心配はありません。インターネットでタイヤを購入した方が安いので、タイヤを自分でお店へ持ち込んで交換す...

≫続きを読む

 

タイヤの溝の見方は簡単です!

車検の時期が迫ってくると、気になるのがタイヤの溝ですよね。溝が少なくなると、それだけグリップ力も低下しますので、運転時に危険性も高くなってしまいますので、しっかりタイヤの溝をチェックしておきたいです。タイヤの溝の見方は、直接溝を見ても、その溝の深さで、車検が大丈夫なのか、ダメなのかはわかりません。タ...

≫続きを読む

 

スリップサインの見方を教えます!

スリップサインの見方は簡単です。スリップサインを見るときはタイヤのサイドウォールにある、三角形のマークを目印にして、延長線上のトレッド部分を見ていきます。スリップサインが表示されている時は、中央のトレッド部分が途切れていたりしますので、文字通り、スリップしやすい状態にあります。スリップサインが表示さ...

≫続きを読む

 

タイヤを交換する時に注意したこと

カー用品店やディーラーでタイヤを交換する時に注意したいのが、タイヤの種類が選べないお店で買おうとしていること。タイヤの種類があまり選べないのに、ないなら仕方ないと、選べるタイヤを、無理やり買ってしまっている方が多いです。でも、タイヤの種類が十分に選べないお店で、タイヤ交換をするのは、やめましょう。注...

≫続きを読む

 

タイヤ溝ゲージとは?

タイヤ溝ゲージとは、タイヤの溝の深さを測定するためのゲージです。200円程度でタイヤ溝ゲージを購入することもできますが、ガソリンスタンドやディーラーへ行った際に、タイヤ交換を促してくれますので、それほどタイヤ溝ゲージは必要はないかもしれませんね。タイヤの溝が少ないと感じた方は、一度近くガソリンスタン...

≫続きを読む

 

新品タイヤって溝の深さは?

新品タイヤの溝の深さは約8mmです。それに対し交換時期のタイヤの溝は1.6mm以下になります。それだけ溝の深さが違うと、当然グリップ力は雲泥の差ですね。新品のタイヤの溝は約8mm程ありますが、その溝は約3、4年をかけて摩耗していきます。もし、溝の深さが1.6mm以下になりそうな場合は、車検に通らない...

≫続きを読む

 

タイヤミシュランの価格が安い!?

安いミシュランタイヤを探しお店をまわってみるとわかると思いますが、実際にタイヤの価格が高いと思います。お店で探すと、ミシュランのランフラットタイヤとかになると、『一本4万円以上は当たり前!!』みたいな感じの価格設定ですよね。インターネットでミシュランのサマータイヤを検索してみると、ミシュランタイヤで...

≫続きを読む

 

タイヤの走行距離での寿命は?

走行距離だけでなく実際の車の利用頻度や運転状況、技術によって、タイヤの寿命は大きく変化しますが、一般に経年変化としての寿命が約4年、走行距離的には約5万キロと行ったところでしょうか。タイヤはゴムですので単純に走行距離だけではなく、経年劣化もありますので、あくまで目安です。実際にタイヤが寿命かどうかは...

≫続きを読む

 

タイヤの溝の深さって、新品はどれくらい?

タイヤの溝の深さは新品状態で、だいたい8mmです。車で走行するとともに溝の深さが減っていき、溝が浅くなるのに連動して、グリップ力も低下していきます。新品のタイヤの場合、車の利用環境や運転にもよりますが、一般的には、約3年くらいはもちますね。タイヤの溝の減りは、タイヤ自体の性能も関係しますが、運転も大...

≫続きを読む

 

タイヤ寿命って何年くらい?

タイヤを選んでいる時に、タイヤの寿命ってどれくらいなのかなぁ?って考えている方も多いのではないでしょうか?タイヤ交換は一回に何万円かかかりますし高いので、できるだけ交換しないでカーライフを過ごしたいものですね。タイヤの寿命は、タイヤの耐摩耗性能はもちろんですが、運転の仕方などが大きく左右します。一般...

≫続きを読む

 

タイヤ溝の測定方法とは?

タイヤ溝の測定方法としては、接地する溝の深さがどの部分でも1.6mm以上でなければいけません。溝の深さが一部でも1.6mm以下と測定された場合は、整備不良となり、車検の際にも不可となります。タイヤの溝が1.6mm以下の場合は、タイヤ交換の目安であるスリップサインも表示されているはずです。スリップサイ...

≫続きを読む

 

タイヤの溝は1.6mm以下は車検に通りません!

タイヤ溝ゲージでタイヤの溝の深さを測って、1.6mm以下の溝の深さしかない場合は、車検に通りません。タイヤの溝の深さが、1.6mm以下になるとタイヤにスリップサインが表れます。タイヤの側面に、三角のマークやアルファベットが有ります。そこの延長線上のトレッド部分に、スリップマークが表示されますので、こ...

≫続きを読む

 

タイヤを安く買う方法はあるの?

カー用品店で、安いタイヤを探そうしている方は多いですが、タイヤ専門ショップでタイヤをインターネットで通販で買い、カー用品店に持ち込むのが一番安く買うことができます。タイヤやサイズによっては、お店でタイヤ交換した場合の金額の半額以下に抑えることもできます。タイヤの組み替えは、カー用品店などで、お願いす...

≫続きを読む

 

タイヤにクラックが出てしまったら交換…

タイヤにクラックができ始めていることに気づきながらほっておくと大きなトラブルに発展する可能性がありますので、クラックを発見した場合は注意する必要があります。タイヤにクラックがはいる大きな原因が、ゴム劣化による硬化ですね。ゴムが硬いので、割れてしまいます。つまり、経年劣化が進んでしまっている状態のタイ...

≫続きを読む

 

タイヤのバーストの大きな原因とは?

バーストの原因は、空気圧の低下ですね。タイヤは車の重みによって、止まっている時でも接地面は変形しています。空気圧が低いと接地する面積が広くなってしまいますので、回転中に伸びたり縮んだりする変形が繰りかえしおこり最後にはバーストしてしまいます。その他の原因では、バーストする前にパンクしかけていた。古く...

≫続きを読む

 

タイヤのひび割れは車検に通らない?

多少ひび割れした状態でも、車検に通ったというケースもありますので、絶対車検に通らないというわけではありませんが、タイヤのひび割れは、エアー漏れがなくても、検査官によっては、不合格となる可能性があります。もしユーザー車検で、不合格となり再検査となった場合、タイヤを急いで交換しに行く必要があり、手間です...

≫続きを読む

 

タイヤのパンクってタイヤ交換?

パンクですので、緊急で交換しなければいけない感じがありますが、パンクの状況によっては、交換しなくても、パンクを修理できます。1本がパンクしただけならスペアタイヤに履き換えれば、普通に自走できます。修理不可能だとしても、わざわざガソリンスタンドや量販店で高いタイヤを買う必要はありません。タイヤのパンク...

≫続きを読む

 

タイヤのパンクは修理できる?

タイヤのパンクは、パンクの仕方によって修理できるできないが決まります。例えば釘のようなものが刺さってパンクしたケースでいくと、、一か所だけあまり大きくない穴があいてしまった場合なら、修理可能。ですが、二か所に穴があいてしまった場合は、カー用品店に車両を持ち込んでも、断られる可能性が高いです。修理がで...

≫続きを読む

 

タイヤのひび割れ修理不可能!

タイヤのひび割れは場所によっては修理ができません。サイドウォールがひび割れてきている場合は、基本的に修理不能です。ひび割れで空気がもれている部分を一時的に修理をしても、焼け石に水、危険性がまずだけですので、タイヤを交換しなければいけません。経年劣化でタイヤがひび割れしているはずなので、交換の時期です...

≫続きを読む

 

タイヤはどこが安いのか調べてきました!

管理人も車検で確実にタイヤがひっかかるためタイヤは、どこが一番タイヤを安く買えるのか?気になり各量販店やディーラー、ガソリンスタンドなどなど見積もりに行きました!どこのお店も高すぎです。。。 ディーラー カー用品店 ガソリンスタンド某国内メーカータイヤ某国内メーカータイヤ某国内メーカータイヤ見積もり...

≫続きを読む

 

国産タイヤと激安の海外タイヤの違いとは?

カー用品店でも、よ見かけますが、国産タイヤと海外タイヤ(アジアンタイヤ)は14インチくらいのサイズでも、倍くらい国産タイヤの方が高いです。国産タイヤと激安の海外タイヤで、特に大きな違いといえば『金額』。タイヤサイズがもっと大きくなれば、金額差はどんどん大きくなっていきます。海外タイヤが激安なワケ人件...

≫続きを読む

 

中古タイヤって大丈夫なの?

中古タイヤを買って安くすませたいと考える方もいるかもしれませんが、中古タイヤには、それなりのデメリットがあります。一見溝がかなり残っているタイヤの場合でも、古くなった中古タイヤは、ゴム自体が硬くなっています。ゴムが硬いとヒビ割れの原因をはじめ、グリップ性能の低下したりします。中古タイヤは寿命に関して...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
HOME 車検のタイヤ関連一覧 ユーザー車検関連記事一覧 タイヤ関連記事一覧 海外激安タイヤ関連